注目キーワード

【季節の変わり目】体調を崩さないための健康管理の方法とは?特に注意する習慣は3つ

猛暑が続いた夏も終わりになり、過ごしやすい秋に突入して来ました。しかし秋の訪れも束の間、温暖化の影響も受けて9月に入ってからも残暑を感じる日もありますよね。秋という季節は、四季の中で1番寒暖差が生じる季節とも言われており、1日前に暑かったのに、今日は急に冷え込んでいるということが起きやすくなっています。

今回は、そんな寒暖差の激しい季節に立ち向かうすべとして、体調不良が起きやすい原因と健康管理の対策についてご紹介していきます。

季節の変わり目に体調が悪くなる原因

急な温度変化

特に夏と秋の季節の変わり目では、朝晩の気温は比較的低く、快適に過ごせる一方で、日中になれば夏を感じる陽気まで温度が上がることがあります。

この温度差の影響によって、ストレスや自律神経に乱れが生じて、疲れやすくなったり免疫力の低下が起きてしまいがちです。

自律神経はストレスなどの精神的な状況に大きく左右されてしまい、基礎代謝など免疫力を低下させてしまいます。昔より『病は気から』と呼ばれる所以はここにあるようですね。

bepinas

皆さんは『むくみ』に対して何かしらの対策はされていますか? 特に女性の悩みである『むくみ』ですが、血流の巡りやリンパの流…

日中を通して、寒暖差が7度以上ある日に注意したいのが、頭痛を起こしたり寒暖差アレルギー症状が発症することもあります。

寒暖差のアレルギーの特徴として、原因の分からない鼻水が出てくることが多くあり、花粉症アレルギーと違うさらさらとした透明の鼻水やくしゃみ・鼻詰まりの症状が出てきます。

寒暖差疲労を起こさないためには、まず体に寒暖差を感じさせないことが大切です。室温がコロコロ変わると寒暖差疲労をため込む原因になるので、エアコンで一定の快適な温度に保ちましょう。世界保健機関(WHO)による住宅と健康に関する新しいガイドラインでも、室温コントロールの重要性が認められており、特に冬季の健康を守る室温として全室18℃以上にするよう強く勧告しています。

https://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/life/202.html

湿度不足

夏から秋にかけて変化するのは気温だけではなく、湿度の変化も起きています。空気の湿度が低下し、乾燥しやすくなっており、汗をかいてもすぐ乾いてしまうことから、体の水分が奪われていることに気づかないことも多くあります。そのため、体内の水分不足により、喉の痛みや脱水症状が起きやすくなります。

日照時間の減少

冬にかけて、太陽の日照時間が減少します。人間は太陽を浴びる時間が体調に直結すると言われています。

例えば睡眠に関わるメラトニンの分泌量が減り、不眠症に陥ってしまったり、心の安定を司るセラトニンの分泌減少によってうつ状態に陥る可能性が高い季節です。

bepinas

突然ですが、皆さんはいい睡眠が出来ていますか? 最適な睡眠時間としてよく8時間と言われており、小さな頃から親から早寝早起…

季節の変わり目を乗り切るためには

体を温める

まずは体温を下げないように飲み物や食べ物に気をつけてみましょう。おすすめの体を温める食材に含まれている栄養素として、ビタミンE・ビタミンB1・ビタミンCがあります。

例えば、香辛料・ニンニクや生姜など刺激のある食材は、血流の流れを活発化させ、体を中から温める効果があります。

体の冷えは、さまざまな病気の元凶になってしまう可能性が非常に高いと言われています。日頃から取る食材の見直しから、体を冷えさせないような食事を取ることが、寒さから体を守る1番の対策になっています。

bepinas

今年も早いもので終わりに近づいて来ました。世間的には秋・冬の季節であり、気温がだんだんと低下しているため、体が冷えやすい…

bepinas

皆さんは日々の食事について栄養素やバランスを意識されていますか? 料理が好きな方や意識して家族のために栄養素にバランスを…

水分をこまめに取る

夏に比べて汗をかくことが少なくなり、汗もすぐ乾いてしまうことから、体から水分が失われていることが感じにくくなります。そのため脱水症状や喉が乾いて痛くなったり、そこから細菌が入り込んで病気の元凶になってしまいます。

意識して水分を取ることが大事ですが、水分を取る際にも、体を冷やしてしまう冷えた水やジュースではなく、常温の水や白湯が効果的といえます。

太陽の下で運動

太陽を浴びることによって睡眠に関わるメラトニンと精神を安定させるセラトニンが多く分泌されるため、自律神経を高める働きがあります。また、運動を行うことにより心身ともにリフレッシュ効果があり、気分の落ち込みを抑制することも期待できます。

いきなり激しい運動ではなく、まずは太陽の下でウォーキングやストレッチから始めてみてはいかがでしょうか。

太陽光はビタミンD3の産生の他に、人の精神面に大きな影響を与える「セロトニン」という神経伝達物質の分泌にも一役買っています。セロトニンは日ごろから朝日を浴びていたり、こまめに運動をしていると分泌されることが分かっています。別名「幸せホルモン」とも呼ばれる通り、セロトニンが十分に分泌されていると、睡眠の質が向上する、ストレスを貯め込みにくくなるなどのメリットがあります。

https://www.yhg.co.jp/taiyo33/column/太陽光不足が「がん」や「うつ」を引き起こす?/#toc11
最新情報をチェックしよう!