注目キーワード

【女性に潜む病魔】乳がんを発症しないための健康管理と自己検査の仕方とは?

乳がんとは乳腺に発生する悪性の腫瘍であり、主に女性に多くみられる病気です。

乳がんは年齢を重ねるごとに発症率が高くなり、その発症原因としては、遺伝・不摂生や精神的な要因など多くあり、適切な健康管理が発症を防ぐ鍵となります。

そこで今回は、乳がんの発生を防ぐにはどのように健康管理をしていくのか、自己検査の方法をご紹介していきます。

乳がんとは

参照:がん情報サービスhttps://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/cancer/14_breast.html

乳がんとは、女性特有の悪性腫瘍の代表格とも言える病気です。国立がん研究センターのがん罹患予想(2016年)によると、男性は前立腺がんの9万2600人、女性は乳がんの9万人に発症すると言われています。

女性の発症年齢は20〜80歳までと幅広いですが、年齢を重ねるにつれて発症リスクが上がっていき、 45〜55歳が1番発症者が集中する年齢になっています。ちなみに男性の乳がん患者も稀に発症しており、乳がん患者の100人に1人は男性です。

乳がん再建ナビhttps://nyubo-saiken.com/cancer/

女性乳がんの発症原因

遺伝的原因

一般的に乳がんは遺伝性があると言われており、母方に乳がん患者がいる際には、普通の人よりも何%かは発症リスクが高いことが研究によって判明しています。

また遺伝的な乳がんの場合では、がんの発症時期が比較的若く発症してしまうのが特徴にあります。また、がん家系である場合、がん細胞が変異して乳がんにつながってしまうことも多くあります。

遺伝性の乳がん(遺伝的に乳がんになりやすい体質をもっている)は、乳がんを発症した人の7~10%と考えられています。ご家族や血縁関係の近い親類に乳がんや卵巣がんの患者さんがいる場合は、いない場合と比べて乳がんを発症するリスクが高くなることが知られています。

乳がん.jphttps://www.nyugan.jp/faq/characteristic/heredity/

月経と閉経

女性特有の月経と閉経に乳がん発症リスクが関係あると言われています。女性は初めて月経を迎える12歳以降と、閉経になる55歳前後に発症しやすいとされています。

中には乳がんに似たように、女性特有の体の変化が起きやすい時期になるため、健康管理が必要な時期になります。

bepinas

WHOが発表した2021年の世界保健統計(World Health Statistics)によると、日本の84.3歳が世…

未婚と育児

出産適齢期である30歳前後で出産が万全に行うために、生理のピークを迎え、その後は体内の活動が段々と衰退してしまいます。

子供を出産し、子育てのために母乳を与えたりすることがあれば、細胞が再生される機会があります。しかし未婚や出産がない場合には、細胞が衰退していく期間が早まってしまうために、乳がん発症リスクも早めてしまう可能性が生じます。

bepinas

女性にとって、おっぱいの大きさから始まりおっぱいの悩みは尽きないと思います。特にコンプレックスにもなりやすい性感帯なのが…

不健康な生活

乳がんのみならず、2人に1人が発症すると言われているがんには多くの要素があります。例えば、食事・運動・睡眠・嗜好品の習慣などと関連することが多く、全ての生活習慣ががんに直結しています。

もちろん悪い習慣が、がんを発症にすぐには関わりませんが、慢性的に何年の月日を経てがん細胞が大きくなっている可能性があります。特に喫煙や飲酒の嗜好品の習慣、食事や運動を見直してみてはいかがでしょうか。

精神的原因

時代とともに女性の社会進出が進み、女性も社会の中心として活躍していますが、ストレスを抱えてしまうことも多くなりました。

女性の体はデリケートでストレスを感じることによる、便秘や不眠症・肌荒れなどの体調不良も顕著に現れてしまいます。また、長時間椅子に座ったり、ストレスを感じてしまうことにより、体が固まってしまい、胸や乳房にも影響が出てきます。

乳がんはどのように予防する

食事の習慣改善

タンパク質や脂質が多く含まれる食材や香辛料などの刺激物が含まれる料理を、習慣的に食べるのはおすすめできません。

体に優しいと言われている、野菜メインや栄養素を多く含んでいる健康的な献立を心がけましょう。

生活習慣の改善

なるべくテレビ・パソコン、携帯などの電磁波が発生するものは、極力使う時間を少なくするように心がけましょう。長時間注視してしまうと、体が固まってしまい、血液の流れも悪くなってしまいます。

また定期的なエクササイズや運動と睡眠、タバコや飲酒などの悪影響な生活習慣は見直しをしましょう。

自己触診

乳がんは自己診断がしやすく、医者の検診以外では自己発見率がとても高いので、早期発見につながります。乳房の中央から上の脇までが1番しこりが発生しやすい場所になっているため、定期的に触診することをおすすめします。

例えば入浴時やボディクリームを塗る時など、ちょっとした触診習慣をつけるだけで防げる病気がありますので、試してみましょう。

最新情報をチェックしよう!