注目キーワード

【万病の元】女性の冷え性が原因の病気を引き起こす理由とは?日頃からバランスの良い生活習慣で解決

今は秋で暮らしやすい気温になっている季節ですが、まだまだ気温の変化は激しいですよね。昼間には太陽の照りが激しく、汗をかくほど暑い気温まで上がる日でも、夜には肌寒くて長袖や上着を着ないと寒いと感じる日もあります。

そんな気温の差が激しい日々で注意しておかなければならないことは、体の温度管理です。これから冬にかけて気温が下がっていくにつれて、『冷え性』という症状が多くの人の悩みの種になります。

『冷え性』というのは、単に体が冷めやすいというだけではなく、体内の温度を正常に維持できずにいる状態を指しますので、自覚症状がない場合でも冷え性は隠れている可能性があることを知っておいて注意しておかなければいけません。

冷え性は女性に多い理由とは?

冷え性には2種類あり、暖かい季節や室温の中でも手足の先の温度が冷えやすく温まりにくいという体感でわかりやすい『冷え性』と、末端部だけではなく体全体の体温が低く、自覚症状のあまりない『隠れ冷え性』があります。

冷え性を聴くと、女性に多いというイメージがありますよね。『冷え性』という症状の定義としまして、体温が上がらない状況のことを指します。

【冷え性になるメカニズム】

  • 体内の血液がうまく循環していない
  • 自律神経の働きが悪い
  • 女性ホルモンバランスが悪い

上で紹介したような原因で引き起こされる冷え性ですが、1つ1つに原因が男性より女性の方が冷え性になる確率が高いのがわかります。

筋肉量不足による血液の循環不足

まず体内の血液をうまく循環できていないこと、いわゆる『低血圧』が原因しています。女性は男性よりも筋肉量が少なく、血液を送り出すポンプのような役割をしている筋肉が少ないので、末端まで血液を送る力が弱くなり、末端の冷えを感じやすくなってしまいます。

運動不足は身体の代謝を低下させ、血液の循環を悪くする原因となります。また、筋肉量が少ないと体内で熱を生産することが出来ず、うまく体を温められません。特に女性の場合、男性よりも筋肉量が少ないので熱を作りにくく冷えやすい体質だと言えるでしょう。

【横浜血管クリニック】https://yokohama-kekkan.com/冷え性外来

ストレスによる自律神経の乱れ

自律神経の乱れも冷え性と密接な関係があります。自律神経には『交感神経』と『副交感神経』があり、寒いところにいれば交感神経が作用して体を温めるように体に指令を出してくれます。

しかし自律神経がうまく作用していなければ、体温や血流のコントロールが出来ずにいつまでも体は冷めたままになってしまいます。

bepinas

皆さんは『むくみ』に対して何かしらの対策はされていますか? 特に女性の悩みである『むくみ』ですが、血流の巡りやリンパの流…

更年期障害による女性ホルモンの乱れ

女性ホルモンバランスも冷え性に関係があります。女性ホルモンは自律神経を乱れさせる原因がありますので、ここはしっかり整える必要があります。

女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が低下することによって、血流や体温を調整する機関の働きが低下します。

女性ホルモン自体、更年期を境に減少しますが、更年期障害の一つとして『体温調節』がうまくいかずに、冷え性やほてりが出る原因も女性ホルモンバランスの乱れが原因です。

【更年期ラボ】https://ko-nenkilab.jp/menopause/about01.html

冷え性による体調不良とは?

冷え性は多くの病気の源、『万病の元』と呼ばれるほど様々な病気の原因になると言われています。

【冷え性によって引き起こされる病気】

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 腹痛
  • 生理不順
  • むくみ

『冷え性』の原因の一つとして挙げられるのが、『血液』の循環が悪いということです。血液の循環が悪ければ、必然的にリンパの流れも悪く、体内の温度を上げられず、老廃物の排出もうまくいかずに体内に残ってしまうことにもつながってしまいます。これらによる基礎代謝の低下が、あらゆる病気を引き起こす原因となります。

bepinas

多くの人が『むくみ』を経験したことがあるのではないでしょうか? 朝起きたら顔がぷっくり張っていたり、夕方になると足がパン…

冷え性は普段の生活から防ぐ!

先ほども紹介したように、冷え性は感じやすい身近な症状の一つですので、気にしていない方も多くいるかもしれませんが、多くの病気を引き起こす可能性を秘めています。

冷え性の原因である『血流』をうまく循環させることができれば冷え性やあらゆる病気も阻止することができます。

bepinas

WHOが発表した2021年の世界保健統計(World Health Statistics)によると、日本の84.3歳が世…

例えば空調を適切に使用すること、膝掛けや衣服を見直してみる、食事習慣を改善する、適度な運動を心がけるなど、例を挙げてみれば当たり前な対策で十分ですので、日頃から心がけてみるようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!