注目キーワード

【飲み過ぎ注意!】身体のむくみはアルコール摂取と深い関係がある?お酒は百薬の長と呼ばれる所以は

サラリーマンの方にとって至福の時間といえば、家族との時間や自由な時間に使える土日や、毎晩の晩酌や友達や同僚との飲み会の時間は現実を忘れてしまうほど楽しいですよね!

大人になってから圧倒的にお酒に触れ合う機会が増え、楽しいが故に飲み過ぎてしまうって言うパターンも何度も経験した方がいるのではないでしょうか?

ストレスを抱えやすい現代において、お酒を飲んで楽しむくらい自由に何も気にせず楽しみたいものですが、しっかりと健康には気をつけて楽しみましょう。

その中でアルコール摂取による弊害の一つである『むくみ』に関して紹介していきます。

むくみが起きる原因とは?

まず『むくみ』というのは、体内の水分調節が上手く出来なくなることが原因で起こります。

そして、その水分調節が上手く出来なくなる原因には、睡眠不足、ストレス、ダイエット、過度のアルコール摂取があり、むくみに繋がる要因となっています。

bepinas

皆さんは『むくみ』に対して何かしらの対策はされていますか? 特に女性の悩みである『むくみ』ですが、血流の巡りやリンパの流…

bepinas

多くの人が『むくみ』を経験したことがあるのではないでしょうか? 朝起きたら顔がぷっくり張っていたり、夕方になると足がパン…

人の体は、常に多くの水分を維持しています。その水分は、血液の中にもあり、栄養素と共に、体内を循環しています。人が食べたり飲んだりすると、その栄養素や水分は、様々な臓器や器官を経て、体に吸収されます。

不必要な水分は、静脈やリンパ管が排除してくれます。しかし、その静脈やリンパ管が排除し切れなかった水分は、細胞と細胞のあいだに、組織間液として溜まることが、むくみの原因となります。

【サワイ健康推進課】https://kenko.sawai.co.jp/body-care/202006.html

アルコール摂取とむくみの関係とは?

『アルコール』には高い利尿作用があり、過度のアルコール摂取によって、体が必要としている水分が奪われてしまいます。これがアルコールの飲酒後に脱水症状になってしまうメカニズムです。

そうして、過度のアルコール摂取によって、血液中で維持できなくなった水分が、血壁から外へにじみ出てしまいます。そうすると、血液の中の水分量が少なくなり、血液濃度が下がります。その低くなった血液濃度を元に戻そうとして、血液はまた水分を多く吸収し始めます。

アルコールを多く摂取すると、この作業が一度に行われます。水分を処理する静脈やリンパ管の作業が、間に合わなくなってしまいます。その結果、血液中で維持できなくなった水分が、細胞と細胞のあいだに組織間液として溜まり、むくみの原因となるのです。

簡単にいってしまうと、アルコールを飲みすぎると水分が欲しくなり、多くの水を飲みます。そして家に帰って朝起きると、顔がむくんでいる…という結果に繋がるのです。

アルコールの摂り過ぎは、同じむくみでも、顔に多く現れます。小顔を目指す女性にとっては、特に注意しなければなりません。

しかし、アルコールは適度に摂取するときには、血流やリンパの流れを良くしてくれます。それは、むくみの解消や、小顔のためにも、とても良いことです。過度のアルコール摂取だけが、血液濃度を高めてしまい、むくみに繋がるのです。体は勿論のこと、小顔になるためにも、アルコールの摂り過ぎには充分に注意してください。

最新情報をチェックしよう!