注目キーワード

【むくみ】ジュースから水に変えるだけで劇的変化?日常習慣を変えるだけでダイエット!

水分は人を構成している大事な要素の一つということはみなさんご存知かと思います。その水分のほとんどは摂取した水分によって構成されるため、摂取する水分の質はかなり大事になってきます。

例えば水分を取るにしても、ジュースにするのか、水にするのか、コーヒーにするのか、選択肢は多くあります。

ジュースをメインにとっている方は、ジュースの中に含まれている糖分によって、糖尿病や肥満のリスクが高まったり、コーヒーを多く取る人ではカフェイン中毒などの弊害が多岐にわたって慢性的に病気の根源が蓄積されていく可能性があります。

今回ご紹介するのが、水分摂取の種類によって体質の変化やダイエット効果などの作用はあるのかご紹介していきます。

身体のむくみや腫れはどうして起こる?

むくみの大きな原因としては、体内にたまった無駄な水分や老廃物を上手く体外に排出出来ないことによるものがあげられます。

その為、むくみやすい人の特徴として『尿が出づらい』ことが多いと言われています。しかし逆に考えれば、尿によって体内にある不必要な水分や老廃物を積極的に排出することができれば、『むくみ』を改善することが出来るようになります。

【ピュアハワイアン】https://www.hawaiiwater.co.jp/column/mukumi-kaisho/1754.html

むくみは体内に余分な水分が残留することで引き起こされるものですが、水分の摂取を控える方法はむくみ対策としては間違ったものであり、水分摂取が足りないと代謝が落ち老廃物の排出量はさらに減って余計にむくみがひどくなることもありますので気を付けてください。

bepinas

皆さんは今ダイエットに挑戦されていたり、検討されていたりしますか?最近では、様々なダイエット商品や健康食品が発売されてお…

まずむくみを解消するために必要なことは、不要な水分を体外に排出することです。

そのために利尿作用のある食品や飲料を取り入れて、出来る限り自然に近い状態で排尿出来る形に持っていく事が理想と言えます。

きちんと水分を補給してしっかり排出する、この形に近づけるために食生活や普段の飲み物にも気を使ってみましょう。必要以上に水分を取り過ぎてもむくみの原因に繋がりますから、摂取した水分と排出量が釣り合うことが大事です。

水を飲み過ぎても、通常は腎臓の働きによって余分なものは体外へ排出されます。しかし就寝中は腎臓の機能も低下するため、就寝直前にたくさんの水分を摂ると、体内に水分が溜まってむくみが生じることが多いと言われています。

【トリム・ミズラボ】https://www.nihon-trim.co.jp/media/19997/

水分の種類によってむくみに影響がある?

高い利尿作用を持つ食品にはスイカやメロン、キュウリなどのウリ科の食品があげられます。他に白菜やじゃがいもなども比較的高い利尿作用があります。普段とっている水分も水やジュースではなく高い利尿作用を持っているお茶などに切り替えるのもよいでしょう。

お茶は古くから民間療法として使われてきたものが多くあります。利尿作用の強いお茶にはドクダミ茶や杜仲茶などがあります。サプリメントなどの健康食品の中にもむくみ解消に効果があるとされているものがあります。

これらも利尿作用を促す効果があるものが多く、代表的なものとしてはノコギリヤシの成分を使用しているものがあります。また漢方薬を服用してみるのもよいでしょう。

腎機能を高める効果のある漢方薬を使うことで尿の生成量を増やして不要な体内の水分や老廃物を積極的に体外へ排出してくれる働きが期待できます。

これらを使うことによっていきなり劇的な改善が見られるわけではありません。しかし医薬品による強制的な利尿効果ではなく、体質改善による自然な流れとして利尿作用を上手に活用することでむくみを長期的な視野で改善していくのが重要です。

習慣づけていく事によって不要な水分をしっかりと体外へ排出出来るようになりますから、効果が表れたからと言ってやめる事がないよう継続していく事が望ましいでしょう。

最新情報をチェックしよう!