注目キーワード

【二日酔い】アルコール摂取した時にしてはいけないこと!お酒とうまく付き合うコツとは?

お酒は「人生の潤滑油」と言われるように、お酒を飲むとハッピーな気分になりますよね! 

昔と比べて様々な飲み物が登場しましたよね。低アルコール飲料、ノンアルコール飲料も充実し、一人ひとりが自分に合った過ごし方でお酒の時間を楽しめるようになりつつあります。

お酒は誰かと打ち解けて、自分の世界が広がり、人生はより豊かなものにしてくれる一方で飲みすぎてしまうと、体に害となってしまう可能性もある飲み物です!

今回は、誰しもが経験する『二日酔い』のメカニズムを知って、対策をすることによってよりお酒と楽しく付き合うことができるようになりましょう。

【二日酔いが与える体調不良について詳しくはこちら!】

【飲み過ぎ注意!】身体のむくみはアルコール摂取と深い関係がある?

【お酒のカロリー】アルコールは百薬の長であるために守らないといけないこととは?

二日酔いになる理由

結論から言うと、アルコールが分解されてできた「アセトアルデヒド」という物質が、肝臓で十分に処理されないことで二日酔いが起こります。

このアセトアルデヒド物質はタバコの煙などにも含まれる有害物質が含まれており毒性があります。この物質を体内で分解する酵素があるのですが、飲み過ぎると分解が間に合わず吐き気や心臓の鼓動がはやくなってきます。

さらに、毒性によって胃痛や胃もたれ、胸やけなどの症状が現れます。

二日酔いにならないためにやるべきこと!

もし、ついつい飲みすぎてしまい二日酔いになったらどうすればいいのか。また、二日酔いにならないための飲みの場での対処法について解説します。

飲む前

  • 飲み会の1時間前に胃にバリアを張る飲み物を飲む

飲み会の1時間前にウコン入りの栄養ドリンクや、牛乳、ヨーグルトを飲んでおいて胃に膜を作っておきましょう!

ウコンにはアルコール分解効果に加え、殺菌作用や動脈硬化を予防してくれる効果、さらには、美容効果にも優れています。胃腸を整えてくれるウコンや、たんぱく質が豊富にある乳製品をとり肝臓の働きをあげていきましょう!

  • 空腹の状態でお酒を飲まない

胃や腸に食べ物が入っていない空腹状態の時にお酒を飲むと、胃の中に食べ物が何もないためにアルコールの吸収が速くなり、酔いがまわるのが早くなってしまいます

適度な食事をすることは飲み会前に必須です!また、二日酔い防止に効果的な食べ物もあります。

それはクエン酸を含んでいる食べ物です。

みかん、グレープフルーツ、梅干しなどにクエン酸は多く含まれている、クエン酸もウコンと同じく肝臓の働きを活発にする作用があるので飲酒前におすすめな食べ物です

飲んでいるとき

  • 飲んだお酒と同量の水を飲むこと

二日酔いによる体調不良の原因の一つが「脱水症状」です!

アルコールを飲むと利尿作用が上げられ、飲んだ以上に尿として水分が出てってしまいます。また、アルコールを分解する際に水が必要などんどん水分がなくってしまうのです。

なので、タイミングをみてお酒と水を同程度飲みましょう。ただ、冷水はあまりおすすめしないです。冷水は内臓への負担をかけやすいため、常温の水を飲むことをおすすめします!

飲んだあと

  • 入浴はさける

入浴すると血流が良くなり酔いがまわりやすくなってしまいます。また、血圧が上昇するため最悪脳卒中になる可能性もあります。

お酒臭くて、どうしても入浴したい場合は、ぬるめのシャワーだけで対応しましょう。

  • 水を飲んでしっかりと水分補給

脱水症状を防ぐために、寝る前にはたくさん水分を摂取しましょう。

さきほども解説しましたが、アルコールを分解するのに水分が使用されるので寝る前に大量の水を飲むようにしましょう!

もし、二日酔いになったら

  • 安静と水分補給

もし、二日酔いになったら安静しましょう。安静にしている間も脱水症状になっているので水分補給をしましょう。できれば経口補水液やポカリスエットを飲んでください。

果糖やビタミン類が含まれているオレンジジュースを飲むのも効果的です。

  • 食べられる範囲内で食事をとる

無理のない範囲で食事をとりましょう。お酒で疲弊した胃に負担が少ないお粥やお茶漬けなど消化の良い物がおすすめです。

私がおすすめする食事は肝臓を解毒してくれるタウリンの成分が含まれているシジミの味噌汁です。楽になりますので回復してきたらぜひ飲んでみてください。

今回は二日酔いについて解説しました!基本的には飲みすぎないことが大事です。自分の飲める容量はどれくらいなのか正確に把握しましょう。

どうしても飲まないといけない特別な会が予定されているときは、紹介した内容を実践してみましょう!

最新情報をチェックしよう!