注目キーワード

【あなたのお口大丈夫?】口臭でイメージダウン!自分ではわかりにくい臭いの対処法とは?

どんなに素敵な異性だとしても、口臭がきつかったら印象はガラリとかわってしまいますよね。しかし自分の息や体臭というのは自分自身で確認しても、相手が感じる匂いと異なってしまいます。

例えばタバコに慣れていると臭く感じなかったり、虫歯等の口内環境が悪い状況が日常になってしまっていると、匂いに鈍感になってしまっているかもしれません。

その自分が発するにおいが、知らないうちに人を不快にさせているのではないかと悩む人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、口臭ケアについて紹介します。

口臭の原因

生理的口臭

健康な人でも症状がある口臭です。

唾液はお口の中の細菌を減らす効果があるといわれていますが、睡眠中は唾液の分泌が少なくなり乾燥しやすくなるため起床直後の口臭はようチェックが必要です。また、空腹時、緊張時も唾液の分泌が減少し、細菌が増殖して口臭の原因となります。

これが生理的口臭の原因です。

生理的口臭のケア方法

唾液が不足しているので、単純に唾液を多く出すことが予防となります。

る歯みがきやうがいの習慣化、食事もよく噛んで唾液を多く分泌することが重要です。

緊張やストレスを感じているときは唾液の分泌が減少してしまいますが、リラックスしているときは唾液が多く分泌しますので、ストレスや緊張をしたときはリラックスできる空間に移動しましょう!

飲食物・嗜好品による口臭

食べ物の残りかすや、タバコに含まれるタールなどがお口の中に残ることで発生する口臭です。また、飲食後の唾液が減少し、お口の中のpHが酸性に傾くことも原因といわれています。

食べ物の残りかすや、タバコに含まれるタールなどがお口の中に残ることで発生する口臭です。また、飲食後の唾液が減少し、お口の中のpHが酸性に傾くことも原因といわれています。

飲食物・嗜好品口臭のケア方法

ニンニク、酒、タバコ等による口臭は一時的なものです。そのため、時間経過とともに臭いも無くなりますのでケアする方法は特にないです。

ただ、食後に大事な打ち合わせや、恋人と会うときはニオイが残っている可能性があるので、ニンニクや酒などはさけるようにしてください。

また、食後にしっかりと歯磨きをすれば、食べ残しは口内に残らないので、日々磨き残しがないか確認しましょう。

病的口臭

端的にいうと、病気が原因で発生する口臭のことです。鼻、のどの病気、呼吸器系の病気、消化器系の病気、糖尿病などが原因でおこる場合もあります。

病的口臭の90%以上は口の中に原因があるといわれています。

歯周病

歯茎が炎症を起こして赤くなったり腫れたりする歯周病は、口内組織が破壊され、それらが分解されることで強い口臭が発生します。

虫歯

むし歯について進行することで歯の根元が腐敗し、口臭が発生します。

上記の用に歯の清掃不良などが原因であげられます。病気の原因を治療することで口臭を減らしたり、治すことができますので診断を受けてください。

口臭についてまとめてみました!

自分では意外と気づきにくいポイントでもあります。最近では口臭チェッカーと言われる口臭測定器がでています。これらは通販や家電量販店で手軽に購入することができます。

最新情報をチェックしよう!