注目キーワード

【小腹を満たす】ダイエット中に食べていいものとダメなものとは?ちょっとしたコツで食欲を抑える

ダイエットの一番の敵は、『食欲』ですよね。普通に生きているだけでお腹はへってしまいます…。

カロリー制限をするダイエットが1番代表的であり、皆さんも経験したことはあるのではないでしょうか?しかしつらい空腹感に耐えきれずに、ダイエットを断念された方も多くいるのが現状です。

私もダイエット中に、空腹感に負けてしまい、ドカッと食べてしまった経験があります。そこで今回は、ダイエット中に空腹感紛らわす食べ物、テクニックをご紹介していきます!

ダイエット中にお腹が空いたときの対処法

白湯、炭酸水、牛乳を飲む

水でもいいのではと思う方もいますが、冷たい飲み物は体温をさげてしまうので、白湯がおすすめ!白湯は温かい飲みもののため、飲み干すのに時間がかかります。

その結果、満足感が得やすくなります。また、炭酸水は、胃が炭酸によって満たされて満腹感を感じてやすいです。
次に牛乳ですが、牛乳は食事誘発性熱産生を含んでいるため1日の消費エネルギーの増加に繋がる飲み物です!

飲むことによって消費エネルギー増加を促すだけではなく、日々の生活で取りずらいカルシウムも補給できるのでおすすめです!

歯を磨く

何かを食べたくなってしまったときのおすすめは歯磨きです!

歯磨きをすることによって、すっきりするだけではなく、せっかくきれいにした口の中を汚したくないという気持ちが生まれ、間食の回数が減ります。

好みの味の歯磨き粉を使うのも、食欲へのストレスが減りますし、口寂しさを紛らわせるよい方法です。

運動をする

運動をしたら逆にお腹がへるのでは?と思う方もいると思いますが、実は軽い運動をとりいれることによって空腹サインを抑えることができます。

空腹のサインは脳がエネルギーとなる糖の不足を感じて発します。

運動をすると、アドレナリンが分泌されます。このアドレナリンが分布されると肝臓に蓄えられたブドウ糖を使って血液中に糖を補い、空腹のサインを抑えてくるのです。

お腹が減った時こそ、ストレッチでもいいですし、軽い足踏みなどしてみてください。

噛み応えのあるものを食べる

噛み応えがあるものを咀嚼することによって満腹中枢が刺激されて、空腹感を和らげることができます。

ナッツ類、ガム、するめは低カロリーでありながら抜群の噛み応えがあるため、お腹がすいたときの手段として最適です。また、シュガーレスや余分な脂質が入ってないものもありますので、そちらの方が好ましいですね。

満腹感サポートサプリメントを服用する

意外にもサプリメントによって、空腹感を和らげることができます。満腹中枢に作用する代表的なサプリで『フーディア』や『GLP-1サクセンダ』などがあります。

しかし、サプリメントは長期間継続して服用することによって胃を小さくしたり、食欲を減らしてカロリーカットするものですので、短期的には効果は出にくいです。

ダイエットを成功させたい方には、長い目でみて、服用するのをおすすめします。

【フーディアとサクセンダについて詳しくはこちら!】

【スーパーフードに代わる?】フーディアで満腹サポート!食事制限感じずにカロリーオフ

【GLP-1サクセンダ】韓国で大人気!痩せホルモン増加ダイエットサプリの効果は?

空腹感を紛らわすテクニックをご紹介しました!どうしても空腹感に負けそうになったら、皆さん試してみてくださいね!

最新情報をチェックしよう!