注目キーワード

【デリケートゾーンのかゆみ】放置はNG!不妊や病気にも繋がるサインかも?

デリケートゾーンは女性にとって大切な箇所です。

とくに女性のデリケートゾーンは、生理用ナプキンなどの生理用品で包まれていることが多いく蒸れやすく環境であるため、デリケートゾーンのトラブルは、誰にでも起こる可能性があります。

大切な場所であるからこそ、知識をもって向き合ってほしいと思います。そこで、デリケートゾーンで起こるかゆみについて解説します。

かゆみの原因

かゆみの原因は、ズバリ『かぶれ』と『感染症』の2つです。

デリケートゾーンの皮膚は、腕、脚などと比べて粘膜に近く、常に下着で覆われているため、湿度が高まりやすく蒸れやすい環境です。

他にも汗、汚れもたまりやすくかぶれを起こしやすく、感染症の基となる雑菌が繁殖しやすいため感染症になりやすいのです。

デリケートゾーンでかゆみが起きないように

  • 下着選びは素材に気を使おう!

デリケートゾーンは、下着に覆われているため1年中蒸れやすい状態です。そのため、蒸れにくい通気性のよいものを選んでください。

通気性が良くしめつけない、綿の下着を着用するように心がけましょう。

  • ナプキンなどの生理用品をこまめに換える

トイレのたびに取り替えるといいでしょう。生理用品をつけていると普段よりも蒸れやすいためです。職場のトレイではなかなか付け替えづらいと思うのでお昼ごはんや休憩のタイミングでポーチにいれておくとおすすめです。

  • かゆみの症状に合わせて市販薬を活用しよう

かゆみに対して様々な医薬品が出ているので、症状に合わせて上手に活用しましょう。

なかなか相談しにくい部位であるため、下記に有効成分を記載します。ぜひ参考にしてください。

デリケートゾーンのかゆみを抑える有効成分

成分名と期待される効果

  • 【リドカイン】かゆみを素早く鎮める
  • 【グリチルレチン酸 】デリケートゾーンの炎症を抑える
  • 【ジフェンヒドラミン】かゆみの発生を抑える
  • 【イソプロピルメチルフェノール】雑菌の発生を抑える
  • 【トコフェロール酢酸エステル】血行を促進して肌の新陳代謝を高める
  • 【アラントイン】荒れた皮膚組織の修復を助ける
  • 【クロタミトン】かゆみや炎症を抑える

『引用:第一三共ヘルスケア デリケートゾーンのかゆみを抑える有効成分より』

デリケートゾーンのかゆみについてまとめました。かゆみの症状を放置していると、不妊の原因となる感染症の可能性もあります。

相談しづらいことではありますが、重症化する前に一度は専門家、医療機関に相談しましょう。

 

最新情報をチェックしよう!