注目キーワード

【お風呂で美容活動】毎日の習慣にひと手間で激変?ただお湯に浸かるだけじゃもったいない

お風呂に入るとリラックスできますよね!

実はお風呂の入り方を変えるだけで、美容効果も得ることができるのです!

そこで、今回はお風呂で美容効果をあげる方法を紹介したいと思います!

普段忙しくて、なかなか時間を美容に割けないという方必見です。

【お風呂と美容の関係について詳しくはこちら!】

【お風呂でダイエット】体を温めて基礎代謝をあげる!半身浴だけじゃない入浴法とは

【サウナ】銭湯好きの日本人は身体の中が綺麗?血流促進でダイエットやスキンケア効果に期待

美容効果があがる入浴方法!

入浴前

まずはお風呂に入る前にしてほしいことが3つあります。

  • コップ1杯分の水分を補給!

お風呂に入ると汗をかき、水分がぬけてしまいます!水分が足りていないと血液の循環が悪くなってしまいます。

また、入浴をしている際、知らず知らずのうちに脱水状態になってしまうこともあるので、必ず水分を補給しましょう。

  • メイクは事前にしっかり落とすこと

メイクをしたままの状態だと毛穴が塞がれてしまい、汚れや脂質の押し出しを妨げてしまいます。お風呂でついでにと考える人もいますが、入浴前には落としましょう。

  • ストレッチを3分~5分ほどしてから入浴しましょう。

ストレッチをすることで体が温まりやすくなるため、おすすめです。

入浴中

お風呂にはいっているときに実践してほしいことは、3つです。

  • お風呂でストレッチ、マッサージをしましょう!

お風呂でのストレッチは、温浴効果+水中運動効果の両方が得られる環境です。

陸上と比べて、水中では負荷がかかりやすいというのは、科学的に証明されています。

また、あたたかいお湯に浸かることによって、血行が促進し、高い運動効果を得られます。

さらに、筋肉もほぐれ、関節の可動域が広がることによって、運動に適した柔軟性の高い状態になります。

入浴中は、マッサージをするベストタイミングでもあります。入浴前にマッサージをしてしまうと、余計な水圧でせっかく促進した血液やリンパの流れが鈍ってしまうこともあります。

  • マスクパック

乾燥が気になる方におすすめです!

お風呂に入っていると、毛穴が開きお肌が柔らかくなっている状態になります。

この状態でマスクパックをすると、マスクパックの潤いや美容成分の浸透を高めたりすることができます!

  • 入浴剤をいれる!

入浴剤には様々な効果がありますが、ほとんどの入浴剤がもっている降雨化は保温効果です。そのためお湯から上がったあとも熱が逃げていきにくいため、保温効果が高く湯冷めしづらくなります。

入浴剤がわりに塩が効果的!?

今回は入浴剤の代わりになる。『おすすめ』を1つ紹介します!

ズバリ塩です! お家にある塩を手軽に入浴剤変わりに使えることが嬉しいポイントです。

塩を入れることによって、塩分が体を包み込んでくれるので、身体の芯から温まりやすくなります。そのため、新陳代謝アップや血行促進効果によるむくみ解消が期待できます。

さらに塩がお湯に溶けるとNa+、CI-という2つの電解質に分けられ、肌への浸透率が普通のお風呂と比べてアップします!

その結果、普段は浸透しない詰まった毛穴にも入っていき、汗をかくと一緒に毛穴から汚れを排出してくれます!

今回は美容効果を期待できる入浴方法についてまとめました!お風呂でリラックスと美容効果の一石二鳥を狙いましょう!

最新情報をチェックしよう!