注目キーワード

【ホワイトニング】芸能人のような輝きに!セルフでできる歯を綺麗に見せるための習慣とは

TVや雑誌で目にする芸能人の方は、歯が白く美しく整っている人が多いですよね。

外見で目についてしまうところですし、綺麗であれば好印象を与え、汚ければ悪いイメージが一瞬でついてしまう部分でもあります。

自分の歯も白くしたいけども、ホワイトニングは高くてなかなか手が出せない。自分でなんとかする方法はないのか考えてしまいますよね!

そこで、今回はセルフでできるホワイトニングの方法と歯が黄ばむ要因について解説します。

歯が黄ばむ要因

まずは、歯が黄ばむ要因を紹介します!

加齢による原因もありますが、生活習慣による原因もあります。

せっかく歯を綺麗にしても普段の生活で汚してしまったらもったいないですよね。歯を綺麗に保つためにも目を通してください。

  • 食べ物、飲み物で汚れがつく原因

歯が着色するメカニズムとして飲み物の色がそのまま歯にこびりつくというわけではありません。歯の表面にある「ペリクル」という膜にステインが付着することで色がつきます。

ポリフェノールを多く含む物がステインの原因となります。

他にも硫黄を含む食材(ニンニク、ネギ)や、色の濃い物を飲食すると歯が黄ばみます。黄ばみになる代表的な飲み物は、コーヒー、お茶、赤ワイン、ココアです。食べ物だとバナナ、カレー、チョコレートになります。

  • タバコ

タバコに含まれている「タール」が原因です。

歯に黒色の着色が着くことがありますが、多くの人は薄い黄色です。また、タールは歯の汚れになるだけではなく発がん性物質を含んでいます。

  • ドライマウス

唾液は、歯の表面を洗い流す効果があります。

ドライマウスだと口の中が乾きやすくなっているため、唾液を出すことができず汚れが定着しやすい環境となっています。

  • 加齢による歯の黄ばみ

加齢にともなって表面を覆っている「エナメル質」が磨耗し薄くなります。
その結果、歯が白から黄色に変わってきます。

歯の黄ばみを落とす方法

原因がわかったところで、次に歯の黄ばみを落とす方法を紹介します。

  • ホワイトニング歯磨き粉

ホワイトニング歯磨き粉などの専用歯磨き剤の使用してみましょう。

注意点としては、研磨剤が大量に入った歯磨き粉は、歯のエナメル質を傷つける可能性もありますので注意が必要です。研磨剤入りの歯磨き粉を利用する場合は、使用頻度を週1にしましょう。

  • 歯の消しゴム

歯の消しゴムはシリコンでできた消しゴム状のパーツと研磨剤がセットになったものです。

普通の消しゴムのように、研磨剤を歯に塗って歯の表面をこするだけで、付着した着色汚れを落とすことができます。

入手経路としては、ドラッグストアでも販売されていますが、歯科医院で取り扱っているものの方が研磨剤の成分が優しく、歯の表面を傷つけにくいと言われています。

  • 食後にうがいをする

着色しやすい食べ物、飲み物を口にした直後に歯を磨くことは非常に効果的ですが、場所によっては、歯磨きをするのが難しいかもしれません。そういった場合は、すぐにうがいをすることで着色の原因を洗い流すことができます。

やってはいけない方法ですが、強い酸(酢、レモンの汁など)で磨くことや、掃除用スポンジを歯ブラシ代わりに使うことはNGです。知覚過敏や虫歯を引き起こします原因となります。

歯のケアについてまとめてみましたが、歯を白くするだけで清潔感や明るさがアップするという研究結果もでています。是非一度はホワイトニングをしてみてください!

 

最新情報をチェックしよう!