注目キーワード

【おでんダイエット】低カロリーで栄養抜群!リバウンドしない為の失敗しないコツとは

ダイエット料理は作るのがめんどくさいですよね。普段と違った料理法をしたり大変!しかし、その問題を解決するのが低カロリーで満腹感も得やすい『おでん』です。

YouTuberのヘラヘラ三銃士もダイエット企画でおでんを取り入れたり、芸能人もテレビ企画で何度か挑戦している方もいらっしゃいます。

今回は、おでんダイエットの効果と継続するための秘訣と、なぜダイエットにはおでんが効果的なのかをご紹介します。

おでんがダイエットに向いている?

おでんがダイエットにむいている最大のメリットは、わざわざ料理をしなくていいことです。というのも、昔とちがってすでに料理として完成しているおでんをコンビニで買えるためです。値段もそれほど高くないところも魅力的です。

また、ボリュームもあり、温かい食べもののため冷えを内側から解消してくれます。それにともない体温があがり風邪をひきにくくなり、頭痛や慢性的な疲労も解消してくれます。

他にも具によって色々な効果が期待できます。例えば、おでんの具になるだいこんやこんにゃくしらたきなどは排便を促す効果を含んでいるため、便秘解消も期待できます。

このように『ダイエット+冷え性解消+便秘解消』といいことばかりですのでぜひ試してほしいです。

おでんダイエットのコツ

1日の1食をおでんに変える

3食すべてをおでんに変えてしまうと飽きてしまい、ダイエットを失敗する可能性が高いです。1日1食をおでんに置き換えてダイエットをしていきましょう。

ダイエット中におでんを食べてよい量は、一食あたり450~500kcalが目安です。

目的によって具を変える

おでんが『主菜』と『副菜』の代わりとなるよう、具材を工夫しましょう!

食物繊維が摂れる野菜、こんにゃく、しらたきは必須ですが飽きずに続けるために目的によって具を変えましょう。

例えば、ダイエットと同時に筋肉をつけたい方は、『つくね』がおすすめです。

おでんの中でたんぱく質がいちばん多く含まれており、鶏肉のためとてもヘルシーです。

一方でダイエットに向かない具もあります。餅巾着やじゃがいもといった糖質を多く含む具材は避けたいたべものです。糖質を過剰摂取すると、脂肪として身体に蓄えられてしまうためです。

噛む回数を増やすこと

おでんは煮詰めていることもあり食材が柔らかくなっています。

柔らかいと自然と噛む回数がへってしまい、空腹を感じる人もいます。

嚙む回数を多くして満腹感を得れるようにしましょう!

おでんを使ったダイエット方法をまとめてみました!最近のコンビニのおでんは味のクオリティもあがってきています!ぜひ実践してみてください。

 

最新情報をチェックしよう!