注目キーワード

【おからパウダーダイエット】満腹感をサポートしてカロリーカット!女性ホルモンを正常にする役割も

皆さんダイエットに励んだことやダイエットに挑戦したことある方も多くいるのではないでしょうか?

ダイエットをやってみたり、始めようとした時どうだったでしょう?やはりダイエットのメカニズムとして、摂取カロリーを抑えて、消費カロリーを増やす。この方法が鉄板ですよね!

しかし、食べたいものは全部脂っこいものであったり、甘いものだったりが大半ですので、食事に対してのストレスも感じたりしたのではないでしょうか?

そこで今回は、話題のおからパウダーダイエットについて紹介します。

いま、ダイエットで注目を集めているのがおからパウダーダイエット!『おからパウダーってなに?』と疑問をもつ人も多いでしょう。

ダイエット中に、食事に対してのストレスを軽減するために使用している方も多くいますので、摂取方法や効果も詳しく解説していきます。

おからパウダーとは

おからパウダーは、豆から豆腐や豆乳を作るときにできる『おから』を、加工してパウダー状にさせたものです。

通常のおからと比べて日持ちがする上、そのまま料理にかけたり混ぜたりなど、使いやすくて便利なものです。

おからパウダーの効果とは

満腹感を感じやすい

おからパウダーは水を引き込む働きが強いです。そのため、おからパウダーが水分を含むとお腹の中でふくらみます。その結果、少量の食べ物でも満腹感を感じるようになります。

なので、食前におからパウダーを食べる、もしくは食事に混ぜることによって食べすぎを防ぐことができます。

かけるだけでOK

おからパウダーは、他のダイエット食材、料理と違って手間がかかりません。

さきほども紹介しましたが、普段食べている料理にかけたり混ぜたりするだけでOKです。そのため、忙しい女性の間で人気です。

食物繊維が多量に含まれている

おからパウダーには、食物繊維が多量に含まれており、腸内の働きを活性化する役割があります。

たとえば、旭松食品が販売している『なめらかおからパウダー』には100g当たり63.5gの食物繊維が含まれています。

レタス1/2個の食物繊維は約2gなので多いですよね!

女性特有の症状を改善してくれる

おからパウダーには食物繊維だけではなく、大豆イソフラボンを大量に含んでいます。

大豆イソフラボンは、女性ホルモン(エストロゲン)と分子構造が似ていることから、植物性エストロゲンとも呼ばれます。そのため、月経前緊張症を解消できる効果があります。

おからパウダーダイエットのコツ

おからパウダーダイエットは、手間がかからないためダイエットを手軽につづけやすくヘルシーなためバランスのとれた食事をとれます。

そんなおからパウダーダイエットのコツを紹介

食事の前に大匙1杯食べる

食事をする前に大匙1杯とりましょう。満腹感を得ることができ食べ過ぎを防止できます。

ただし、食物繊維をとりすぎてお腹が痛くなる人もいますので、最初は少しずつ実践することをおすすめします。

水分をたくさんとる

おからパウダーは水分をとると膨らみます。大匙いっぱいのおからパウダーをお腹にいれたら水分をとりましょう!

塩分量の多い食べ物にかけるのはNG

みそ汁やラーメンなどの塩分量の多い食べ物におからパウダーを入れると、つゆを吸ってしまうので塩分摂りすぎにつながります。

かけるのではなく、おからパウダーを単品で先に食べてましょう。

今回はおからパウダーについてまとめてみました。レシピもたくさんでているので、ぜひ調べてく見てくださいね

 

最新情報をチェックしよう!