注目キーワード

【ボトックス注射】実は筋肉の動きをブロックする毒素?聞いて納得の驚きのメカニズムと効果とは

メジャーな美容施術である『ボトックス注射』ですが、聞いたことや検討したことのある人も多いのではないでしょうか?

何年か前には芸能人のIKKOさんもテレビで美容効果のあるボトックス注射を定期的に行っていることを話していました。

美容家やインフルエンサーの中でも施術を受けている人は多く、効果的なスキンケア法の一つとして話題となっています。

しかし、その一方で『やりすぎて失敗をしてしまった』という話もちらほら耳にしたり、失敗談を目にしたりとメリットとデメリットが交差している施術法でもあります。

そのため『興味はあるけども、一歩踏み出せない』など悩んでいる方もすくなくはないのではないでしょうか。

今回はそんなボトックス注射の効果とデメリットに関してご紹介します。

【同じ小顔効果のあるHIFUについてはこちら!】

【HIFU(ハイフ)】お肌のリフトアップに効果的?たるみやしわを改善するスキンケア法とは

ボトックスとは

ボトックスとは、『ボツリヌス毒素製剤』の一つです。ボツリヌス菌がつくるタンパク質の成分を使用した、いわば『薬剤』です。

毒素とあるように『毒』からできた薬剤なので少し怖さを感じる方もいますが、正しく扱えば毒も薬になります。

歴史的にみると1980年代から医学や美容に応用されており、メスを使わずに多くの美容効果を生む、非常に便利でオススメな美容治療です。

ボトックス注射の効果

ボトックスは、注入した箇所の筋肉の働きを止める効果をもっています。

人間は筋肉の動きによって形がかわる生き物のため、見た目が歪むことがあります。

その筋肉の動きをボトックスの成分であるタンパク質が、神経伝達物質の働きをブロックするため、ボトックスを投与することで様々な美容効果の恩恵を受けられます。

特に、以下の美容効果があると言われています。

シワの改善

意識的、無意識に関わらず、人それぞれに表情の癖があります。

笑っているときに必要以上に頬や口角に力がはいっていたり、小さい文字を読んでいたりしていると気づくと眉間に力が入っている、など、筋肉に余計な力が加わると表情ジワが発生します。

ボトックスを投与することで、表情筋の使わない筋肉を止めることができるためシワの発生を防げます。

小顔効果

骨格によって顔の大きさは決まっています。

そのため、いくら痩せてもエラ張りや顔の大きさにはさほど変化がないことがほとんどです。特にエラは食いしばりが強い人や歯ぎしりをしてしまう人は張りやすくなってしいます噛むための力が入ることで咬筋が発達し、エラが外側へと張るからためです。

このエラ張はボトックスを打つことで解決できます。

ボトックス注射をすると、咬筋に余計な力が入らなくなり、エラがスッキリします。

また、噛み締めが強い人は肩こりになりやすくなります。そのため、肩こりの解消にもつながりあります。

多汗症の改善効果

多汗症やワキガの治療を目的に、ボトックス注射を脇の下に注入することがあります。

注入することで、多汗症やワキガの原因である汗腺の汗の分泌の動きを止めることができます。

多汗症の人の場合、脇以外の手のひら、おでこにも打つことによって汗をとめることができます。気温が高くなる夏や、意外と暖房によって多く汗をかく冬、これらの季節の少し前に受けるのがオススメです。

ボトックスの効果期間

ボトックス注射を打つ部位によって、効果が現れる時期と持続する期間は異なります。だいたい効果が現れはじめるのは2~3日経ってからと言われています。

2週間後には効果が安定しはじめ、3~4ヶ月程度持続して徐々に元に戻るようになっています。

ボトックスを投与することでおきる失敗例

入れる製剤量、箇所によっても効果の利き方は変わります。

ボトックス注射をいれたことで【目の位置が変わってしまった』『笑顔が作れなくなった』などの失敗は製剤の量や入れる場所を間違えた結果です。

しっかりと医師と入れる箇所、量を相談しましょう。

失敗をしないためにも、クリニックの口コミや信頼できる医師を探すように心がけましょう。

最新情報をチェックしよう!