注目キーワード

【自律神経】ストレス溜め込みすぎてない?心身が限界なときのSOSサインとは

仕事や人間関係、環境の変化などによって、知らず知らずのうちにストレスを溜めている人も多いのではないでしょうか?

ストレスによって自律神経が乱れると、様々な不調が現れるようになります。

自分では気づいていない、もしくは気づいていても「気のせいかな?」と自己完結してしまうのは危険です。

身体から出ているSOSを見逃さず適切に対処しましょう。

自律神経とストレスの関係とは?

自律神経とは、文字通り自分の意志とは関係なく『自律』している神経のことです。

自律神経は、心臓の動き胃腸の消化機能などと密接な関係があります。

自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があり、交感神経は活動を活発にさせるためのもの、副交感神経は身体をリラックスさせるためのものです。

この2種類の自律神経のバランスが保たれることで健康的な生活を送ることができますが、ストレスによってこのバランスが乱れると心身に支障が出るようになります。

bepinas

皆さんは『むくみ』に対して何かしらの対策はされていますか? 特に女性の悩みである『むくみ』ですが、血流の巡りやリンパの流…

『身体からのSOSかも?』自律神経の乱れているサイン

『なんとなくだるい』が続く

朝すっきり目覚めることができない、日中も風邪を引いているわけじゃないのになぜかだるいといった状態が続いている場合は、自律神経が乱れている可能性があります。

一日中眠気が続く、逆に夜はなかなか眠れないなどの睡眠障害も自律神経のバランスが崩れていることが原因かもしれません。

bepinas

突然ですが、皆さんはいい睡眠が出来ていますか? 最適な睡眠時間としてよく8時間と言われており、小さな頃から親から早寝早起…

食欲不振・原因不明の腹痛

自律神経と消化機能には密接な関わりがあるため、自律神経が乱れることでお腹の調子が悪くなることが増えます。

自律神経のバランスが崩れると胃酸が多く分泌されるようになるため、胃痛を感じやすくなったり消化不良を引き起こします。

また、腸を動かす筋肉がうまく働かず、便秘や下痢を繰り返すこともあります。

動悸・過呼吸

大きなストレスがかかることで交感神経が必要以上に優位になりやすくなります。

その結果、不安感や緊張感が大きくなり動悸やめまいの原因にもなりかねません。

自律神経は循環機能も司っているため、呼吸が浅くなって過呼吸に繋がってしまうこともあります。

『生活習慣』と『ストレス解消』がポイント!

生活習慣を見直す

一般的に、交感神経は日中起きて活動をしている時、副交感神経はリラックスをしている時や眠っている時に、それぞれ優位になると言われています。

自律神経のバランスを崩さないためには、生活習慣を整えて交感神経と副交感神経の切り替えが上手くできるようにすることが大切です。

朝起きたらカーテンを開けて朝日を浴び、交感神経のスイッチをオンにしましょう。

日光を浴びることで分泌されるセロトニンという幸せホルモンは、自律神経のバランスを整えてくれる効果があります。

血行不良や冷えは自律神経が乱れる原因となるため、入浴の際は湯船にしっかり浸かることをおすすめします。

また、スマホやPCのブルーライトは身体に悪影響を及ぼすと言われています。

寝る前はついつい動画やSNSをだらだらと見てしまいがちですが、遅くても就寝の30分~1時間前には部屋を暗くして身体を休めるようにしましょう。

ストレスを溜め込まない

ストレスは自律神経が乱れる一番の原因と言われています。

仕事やプライベートを問わず、生活している中でどうしてもストレスから避けられない場面も多いですが、溜まったストレスはそのままにせず定期的に発散することが大切です。

軽く汗ばむ程度の適度な運動をすると、ストレス解消になる上に代謝が良くなるため一石二鳥ですし、自分の好きな趣味に没頭する時間を作っても良いでしょう。

bepinas

みなさんはストレスがかかりすぎていると感じてはいませんか? ほとんどの方が毎日、人間関係や仕事、学業など普段の生活を送る…

無理せず病院に行く

自律神経の乱れは『自律神経失調症』という病名がついているほどれっきとした疾患です。

身体に明らかな不調が現れているにも関わらず、検査をしてもどこにも異常が無いという場合は「自律神経失調症」である可能性があります。

「気のせいだろう……」と見て見ぬふりをして放置してしまうと、さらに悪化してしまう可能性もあるため、もし日常生活に支障が出ているレベルであれば早めに心療内科などの専門家に診てもらうことをおすすめします。

自律神経を整えて心身共に健康的な生活を送ろう

ストレス社会と言われている現代では、どうしても自律神経が乱れがちになってしまいます。

自律神経は生命活動を維持するためにとても大切な神経でもあるため、上手く付き合っていく必要があります。

起きている間は交感神経、リラックス時・就寝時は副交感神経を優位にすることを意識して生活習慣を見直しましょう。

また、溜まったストレスはそのままにせずに自分なりの方法で解消していくことが大切です。どうしても体調が優れない状態が続くようであれば、病院で専門家の元で治療を受けても良いでしょう。

自律神経やストレスと上手に付き合いながら、心身共に健康な生活を目指しましょう。

最新情報をチェックしよう!