注目キーワード

【美顔器の効果を高める】正しく使う以外にも知っておきたいテクニック4選

美顔器を使うなら、その効果をよりあげたいと考える方は多いのではないでしょうか。

効果をあげる方法として、自分の肌の状態にあった機能をもつ製品を購入することは、とても大切なことですが、それ以外にも効果をより高めるテクニックがあります。

本コラムでは、美顔器の効果をあげるテクニックをご紹介します。

美顔器の効果を高めるテクニック4選

美顔器のテクニック4選を紹介させていただきます。

美顔器の効果をより実感することができれば、スキンケアを継続する周期に入るのでぜひ試してみてください。

ただし、使用する製品によっては逆効果になることもあるので、必ず購入した製品の説明書は読んでください。

美顔器を使う前に洗顔をする

美顔器を使う前には必ず洗顔をしましょう。

洗顔後は、肌に付着したホコリや汚れ、皮脂が落ちている状態なので美顔器がもたらす美容効果がアップします。特にイオン導入機能をもっている機器は美容成分を肌に浸透しやすくする効果があるので、洗顔をすることで肌に美容成分がより浸透しやすくなります。

クレンジング効果や汚れを落とす機能がついている美顔器の場合は洗顔をせずに利用しても問題ない場合もあります。

お風呂上がりの状態で寝る前に美顔器を使う

美顔器の適正な使用回数はだいたい週に2~5回程度です。1日2度使う必要のある機器もなかにはあります。

とはいえ、家庭や学校、仕事で忙しくて時間がとれないこともありますよね。

そんなときは、お風呂上りの状態で寝る前に美顔器を利用してみましょう。

お風呂あがりの状態は普段と比べて、体が温まっているため血液の巡りがよくなっていたり、毛穴も開いているので肌が柔らかくなっている状態です。保湿効果をもつ美顔器であれば潤いが高まったりします。さらに風呂に入っているときにマッサージや入浴の仕方を変えるだけでダイエット効果や美容効果がでてきたりもします。

bepinas

お風呂に入るとリラックスできますよね! 実はお風呂の入り方を変えるだけで、美容効果も得ることができるのです! そこで、今…

また、睡眠中は肌表面の細胞が生まれ変わるターンオーバーがはじまります。このターンオーバーが始まる前に利用すると翌朝の肌の質感がよくなっています。

肌が生まれ変わるのは睡眠中

すこやかな肌を保つためのターンオーバー(肌代謝)は睡眠中に活発化します。正常なターンオーバーの周期は約6週間といわれていますが、寝不足が続くとそのサイクルが遅くなり、古くなった角質が肌の表面に残り、肌荒れを引き起こしやすくなります。

【ハイチオール】https://www.ssp.co.jp/hythiol/troublenavi/roughskin/sleep.html

専用のジェル、美容液を利用する

美顔器の製品にあった専用のジェル、美容液を利用しましょう。

利用することによって、以下のメリットを受けることができます。

必ず美顔器とセットのジェル、美容液は利用するようにしましょう。

  • 肌の乾燥を防ぐ
  • 肌への負担を軽減する
  • 美顔器の効果を最大限に引き出す
  • 美容成分が肌に染み込んでいきやすくなる

もし、専用のジェル、美容器がなくなってしまったら市販のジェルや美容駅でも代用することができます。

ただし、代用する際は配合されている美容成分がなんなのか、油性か水溶性なのかチェックする必要があります。

というのも、自分の悩みにあった美容成分でなければ美顔器の効果は発揮することができなかったり、油性のジェル、美容液だと超音波やRF(ラジオ波)といった肌奥の細胞を刺激する波が肌奥底に届かない場合もあります。

ひとつひとつ確認するのは手間がかかったりするので、美顔器購入時には多めに専用のジェルや美容液を同時購入するようにしましょう。

使いやすい製品を購入する

効果をなによりも上げる方法は継続をすることです。1日で効果がでてくることは難しく何日も使うことによって効果があらわれてきます。

そのなかで、機器の重量が重かったり、準備に時間がかかるものだったりすると継続をすることは難しくなってしまいます。購入する前は、なるべく自分の手にとって使いやすさや準備がしやすいかどうかを確認するようにしましょう。

最近では、IT技術を活用した美顔器がでてきています。

スマホに連動して、自分の顔の汚れがついた状態が落ちていく様子やどこの表情筋を鍛えているのか可視化できるようなものあります。

自分が使いやすいものを使って継続できるようにしましょう。

bepinas

肌の保湿や化粧水、美容液の浸透率をあげる効果がある美顔器ですが、テクノロジーの進歩とともに変化しています。 今回、紹介す…

最新情報をチェックしよう!