注目キーワード

【洗顔ブラシ】正しく使って美しい肌を目指す!その効果と使い方について徹底解説

皆さんは洗顔をする際に『洗顔ブラシ』を利用していますか?

洗顔ブラシは、手だけでは落とせなかった毛穴の汚れを隅々まで洗うことができます。

美肌を目指すうえではとても便利な美容アイテムですが、いまいち効果や使い方が分からないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は洗顔ブラシの効果と正しい使い方について徹底解説します。

洗顔ブラシとは

洗顔ブラシは、その名の通り洗顔をするためのブラシです。

しかし汚れを洗い落とすだけではなく、洗顔料を泡立てたりすることができるなど色々と応用が効く便利なアイテムです。

現在、洗顔ブラシは各メーカーから手動、電動タイプの2つの種類が販売されています。

それぞれの効果は違ってきますが、共通の効果として肌の汚れを落とせたり、化粧水や美容液の浸透率高めてくれたりもします。

洗顔ブラシを使うメリット

手では洗えなかった毛穴の汚れを落としてくれる

洗顔ブラシについているブラシが、手では洗い落とせない毛穴の中の皮脂や汚れを毛先で落としてくれるアイテムです。

そのため、細かい毛穴の中の皮脂を取り除きますので、ニキビや黒ずみといった肌トラブルを予防や対策に効果的です。

特に鼻先やTゾーンなどの細かいところまで洗い落とせるようになるので、鼻の黒ずみが気になっている方にはおすすめです。

普段、顔を洗っていても毛穴の汚れが落ちていないように感じている方が一度試してみると、顔がすっきりとしたように感じるのでびっくりしますよ!

効率的に古い角質を落としてくれる

汚れを落とすだけではなく、洗顔ブラシを使うことによって肌についた古い角質を確実に落としてくれます。

通常であれば、洗顔をするだけで古い角質は落ちますが、洗顔が雑になっていたり、洗顔の時間を十分に取れていないと残ってしまいます。

その結果、古い角質が残ってしまい肌にくずみやザラツキを残してしまいます。

洗顔ブラシを使えば、短い時間でも手とくらべて確実に古い角質を落とせるので効率的です。

化粧水、美容液の浸透率がよくなる

洗顔ブラシを使うことによって毛穴の汚れや古い角質を洗い落とせることができるので、化粧水、美容液が肌に浸透しやすくなります。

そのため、化粧水や美容液でスキンケアをしていても効果がいまいちと思う方には、洗顔ブラシをおすすめします。

化粧崩れを防ぐ

特に皮脂が多い方は、必見の内容です!

経験がある方も多いかもしれませんが、皮脂が多いとメイク崩れを起こしてしまいます。

通常であれば、毛穴から生成される皮脂は顔の肌の表面でてきて汗と混じり皮脂膜として肌のバリアとなってくれます。

しかし、体質やストレスによって過剰に皮脂が分泌してしまうとメイクの油成分を溶かしてしまうのでメイク崩れが起きてしまいます。

洗顔ブラシを使えば、毛穴をしっかりと洗浄してくれる洗顔ブラシを使うことによって過剰に増加した皮脂を除去することができるのでメイク崩れを防ぐことができます。

メイク崩れといえば、だれもが真っ先に思い浮かぶ『皮脂』は、肌の水分が蒸発するのを防ぎ、また、汗や肌の水分と混じり合って『皮脂膜』といううるおい膜をつくり、外部から侵入する異物から肌を守る役割を持った、肌と体にとっては大切な存在。

【グラムビューティーク】https://www.glambeautique.net/beauty/14624/

洗顔剤の泡立てに活用できる

毛穴や顔の表面を洗うだけではなく、洗顔剤を泡立てることにも洗顔ブラシは活用することができます。

洗顔ブラシで洗顔剤を泡立てることによって手で混ぜるよりも泡が細かくなり、より毛穴の奥底まで泡が行き届いてくれるためより洗浄力を高めることができます。

さらに細かく泡立った泡はクッション材の役割を果たしてくますので、手と顔の表面で摩擦が起こりにくくなり肌を傷つけずに洗うことができます。

洗顔ブラシの使い方

ブラシを手に取る前に手を消毒

必ずブラシをする前に、手を消毒する癖をつけましょう。手には様々な雑菌がついています。

雑菌がついた手でブラシを触ったりしてしまうとブラシの先端や手で握る部分に殺菌がついてしまい、ブラシをかける肌に移ってしまう可能性があります。

必ず手を洗う、もしくはアルコール消毒をしたうえでブラシを手にとりましょう。

メイクをしていればクレンジングオイルでしっかりと落とす

メイクしている場合はクレンジングオイルで落としてしまいましょう。

メイクがついた状態でブラシをかけてしまうとブラシにメイク剤がついてしまいますので、一度毛先にメイク剤がついてしまうと洗い落とす手間がかかってしまいます。

また、メイクをした状態だと毛穴が塞がってしまっている状態なのでブラシが毛穴に届きません。

クレンジングオイルで落としてから洗顔ブラシをするようにしましょう、

必ずブラシと顔を濡らす

メイクを落としたらすぐにブラシをかけるというわけではありません。

焦らずに顔とブラシを濡らしましょう。

乾いた状態でブラシをかけてしまうと摩擦がかかってしまい肌にダメージを与えてしまいます。

ぬるま湯で顔とブラシを濡らしてください。

ブラシを濡らす時のポイントとしては、ただぬるま湯をブラシにかけるのではなく手のひらで円を描くようにブラシをかけると水分がブラシ全体に与えることができます。

洗顔剤を洗顔ブラシで泡立てて、キメ細かい泡にする

ブラシと顔を濡らして濡らしたら洗顔剤を泡立てましょう。

先ほど解説したように泡立った洗顔剤はクッション材として摩擦を抑えてくれますので、必ずブラシで洗顔剤を泡立てることによってキメ細かい泡にしましょう。

この時もブラシを濡らすときと同様に手のひらで円を描くようにすると泡立ちやすくなります。

泡を塗って顔全体にブラシをかけていく

泡立てたら、いよいよブラシを顔全体にかけていきますが、この時のポイントはブラシを顔全体に優しくかけてあげることです。

汚れを落とそうとして強くブラシをかけてしまうと肌が傷ついてしまいます。

また、顔全体にかけていくときに気をつけたいのが、鼻先やTゾーンと髪の毛とおでこの境目で、これらの部分は毛穴が多く皮脂が残りやすいポイントです。

他のポイントよりも入念にブラシをかけましょう。

ぬるま湯で顔を洗顔

ブラシ終えたら顔についた泡を洗い落としましょう。

水でも問題ないのですがぬるま湯の方が毛穴が開きやすくなるので毛穴奥の汚れと泡が溜まらずに落とすことができます。

また、洗顔後は保湿ケアを兼ねて化粧水を塗っていくためにも、ぬるま湯で肌を柔らかくし毛穴が開いた状態にしておくことをおすすめします。

ブラシで洗顔後は必ず保湿ケア

ブラシをかけ終えた肌は、古い角質も落ち毛穴も広がっているので化粧水や美容液が浸透しやすいタイミングです。

ここで保湿ケアをすることでワンランク上の肌を目指すことができます。

さらに角質と毛穴が落ちた状態のときは肌はとても敏感な状態にとなっています。

ここで保湿ケアをしないと肌が乾燥しやすい状況になっているので、保湿ケアは必須といえます。

使用後のブラシは乾燥させて収納

洗顔をし終えたら、次はブラシの収容です。

濡れたままの状態でブラシを放置してしまうと雑菌や細菌が繁殖してしまう可能性があります。

次に使う時のためにもブラシを乾燥させて消毒をしておくとより長く、安全に洗顔ブラシを使えることができます。

毛穴ブラシを使う際の注意点

ここまでブラシの使い方について注意点と含めて説明しましたが、改めて項目状に注意点をまとめました。

せっかく、時間と費用をかけて行った洗顔が無駄にならないようにするためにも注意をしましょう。

  1. ブラシを清潔に保つように保管する
  2. 使う頻度は週1~2回
  3. 洗顔ブラシを肌に強くこすりつけない
  4. ブラシ単体で顔にかけない!必ず洗顔剤を挟む

洗顔ブラシを使用するベストタイミングは入浴後!

風呂あがりの寝る前の状態に洗顔ブラシをかけることをおすすめします。

風呂あがりの状態は肌の毛穴が柔らかく開ききった状態です。

その状態でブラシをかけるとより汚れを落とすことができます。

また、就寝中は肌の回復時間でもあります。

古い角質を落として肌が生まれ変わろうとしているタイミングなので就寝前に洗顔ブラシでスキンケアをしてしまいましょう。

最新情報をチェックしよう!